高見澤富士子さん

 
結コーチング講座受講生
月2回8年、講座を受講し続けた
着物着付師・講師 高見澤富士子さん

Q・コーチングを学ぼうとしたきっかけは?

定年間近になり、この先について考えてみたいと思って受講しました。

夫に先立たれてから子育てと仕事に奮闘してきたのですが、50代半ばに義父から「退職した後の時間も長いのだから、楽しいことを見つけなさい」と言われたのがきっかけでコーチングに興味を持ち、ちょっと覗いてみようという軽い気持ちで受講しだしたのです。

講座では毎回2人組になって、話したり、話を聞いたりしたのですが、最初の頃は結コーチから「富士子さんはアドバイスの女王ね〜」とよく言われました。でも行く度に気持ちがスッキリしてだんだん楽しくなっていったのです。

毎回「あなたはどう思うの?」「どうしたいの?」と質問されたのですが、最初は何も答えられませんでした。主人が亡くなってから深い話をする機会もなくなり、毎日が精一杯で、自分がどう思うのかなんて考える余裕がなかったのだと思います。それが、講座に行くたびに、自分はどんなことを考えているのか、どうしたいのかなど考えて語るようになって、だんだん自分がどんな人間なのか判るようになりました。

自分の思いを聴いてもらえることも大きかったのだと思います。毎回、自分を認めてもらえるように思え、元気が出てきて、将来に対して希望が持てるようになりました。

ある時、結コーチから「あなたの夢はな〜に?」と質問され、夢なんてないと答えたら、「夢は語ることが大事だよ。語らなければ実現もしないよ」と言われました。最初は手探りで、なんとなく喋っていたのですが、何度も何度も同じ質問を受けて喋り続けるうちに、私は着付けがしたいのだと気づきました。そして今では、着付け講師をするまでになりました。その他、家のリフォームなど、あの頃、語った夢は、今では、すべて現実になりました。

Q.コーチングを学んで良かった点は?

なにより自分と向き合えたことです。自分はこういう人間だと分かるようになり、弱い自分があってもいいと思えるようになりました。

以前の私は、自分の意見を言えませんでした。私さえ我慢すれば丸く収まるからと自分を押し殺し、黙っていようと思っていたのです。しかしコーチングを学ぶことで、自分の意見を言うことの大切さを理解できるようになりました。今では自分の意見を言うのが怖くなくなりました。一言で言うと、自分を大事にできるようになったと思います。

もちろん、コーチングですから人の話を深く聞けるようになりましたし、アドバイスしないほうが人と良い関係が築けることがわかったのは、自分でもびっくりでした。

Q.コーチングを学んで変化した点は?

まず、いろいろと悩まなくなりました。うじうじしなくなったと思います。そして自分が何を思っているか判るようになって、自分の意見が言えるようになりました。

今では、「富士子さん、話を聞いて!」と、たくさんの人が集まるようになりましたた。毎日を楽しく過ごそうと決めて、実際楽しむことで、次から次へと楽しいことが舞い込んでくるようになりました。

Q.富士子さんの次の夢は?

これからの私の夢は、親に恵まれず施設などで育った若い女性に成人式の着物を着せてお祝いしてあげることです。赤の他人でも、あなたを祝っているという体験をしてほしいと願っています。そこで、着物仲間を巻き込んで、箪笥の中で眠っている振袖がないか聞きながら、実現に向けて少しずつ進めています。

きっとコーチングでの学びを活かして、この夢を実現させたいと思っています。

About 富士子さん
富士子さんは、明るく爽やかで親切。いるだけで周りの人たちもニコニコしてしまう太陽のような人です。
受講当初は、熱心に人の話を聞いた後におもむろにアドバイスを始める「アドバイスの女王」でしたが、次第に人の話を聴く奥深さに目覚め、変化していきました。
今も、明るく爽やかで親切。プラスコーチングの技術を身につけて、アドバイスせずに「気づかせる女王」に変化しました。

Copyright©結コーチング公式Webサイト,2022All Rights Reserved.