鈴木結子ブログ記事

第60号 言ったことを自己完結することが大事

投稿日:

こんにちは!YUIコーチです。

お元気ですか?

夫と共に、ボチボチ一緒に生活するセカンドライフが始まって、
いや、始まっちゃって約1年。

仕事中心の頃は、お互い関わりゴメンが平和の秘訣でした。
でも朝から晩まで毎日一緒となるとそういうわけにもいかず、イ
ライラしたりぶつかったりしながらも、居心地よく付き合うには
どうしたらいいかが目下のテーマです。
実は私、かつてリタイヤ後の夫婦関係の講義を数年していました。
夫婦間の気持ちの違いをデータで示したり、どう対処していくか
を男性諸氏にお伝えしていたのですが、データとリアルな体験が
完璧に重なった感じです。今、その講座をしたら、すご〜くうま
くできると思いますが(笑)

そんなわけでね、
手法は、どうしたらいいか知っています。
でも、わかっちゃいるけど、できな〜い!
てな紆余曲折を経て、目下のところ、なるべく相手を思いやる、
尊重してるということを言葉にして伝えるところまで来ました。

夫にも当然言ってもらいたいですけどね
お返しを求めずに言うってことがミソなのです。

若い頃は、私がこれだけしてやっているんだ、何で分からないの!
とか、してあげたことと同じことを返して欲しい、と強く思っていました。
そう思っても無駄だとわかっちゃいるのですけどね、
「〜〜して貰いたい。」
そう思うことから離れられませんでした。

答えは簡単で、そう思ってたからです。
単にありがたいな、そう思ったら伝え、優しい気持ちを言葉に伝え、
以上終わり。
そんなふうにしてみました。

そうしたら、不思議なものです。
夫からもお返しの如く、優しい言葉が返ってきたりするのです。

自分がやることを自己完結する。
相手にその先、何も求めない。

先を求める気持ちを仏教では「欲」というのだそうです。
欲の先に待っているのが怒り。これを「悪業」と言います。
自分の「欲」を無意識に相手に求める。
やってやったのに思い通りにならないと相手をなじる、責める。
自分も含め、そんなことも多いなあと思いますけどね。
下心があって相手に優しくしていても真意は伝わらないし、
わかってくれるはずと、以心伝心もないのです。

言葉をどんな思いで、使っていくか、
欲から出る言葉なのか、自己完結する言葉なのか。
それが、実は大事だと思います。

美しい言葉は、裏の意図なく、言っておしまい。
難しいけど、そんな挑戦をしていこうと思います。

最後に宣伝させてください。
子供の言葉力をトレーニングする「ことばキャンプ」の無料説明会
を開催します。
小学生低学年むけですので、お知り合いがいましたら、
お知らせいただければと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

-鈴木結子ブログ記事
-,

Copyright© 合同会社結惟公式Webサイト , 2019 AllRights Reserved.