最新情報はこちら 鈴木結子ブログ記事

第59号 サポートというサクセスライフ

投稿日:

こんにちは
YUIコーチです

人をサポートしたい。
誰しも心の奥にそうした思いがあると思います。

私の場合、ですが、
子供の頃って、道ゆく人に何か尋ねられると
素直に答えたり、困っているような人を見ると
「どうしたの?」とごく自然に言っていたように思います。
考えてみると、人を疑っていなかったのかもね。

なのに、大人になった今、人を見て、困ってるのかなあ・・と思っても、
声をかけることに躊躇したり、何か尋ねられても、人相ワルっと思うと
無視したり。

改めて誰かに話すこともないけど、人と関わることに臆病になっているような、何ともモヤモヤしてる感じがあると思っていました。
これってコーチングを習う前に凄く感じていたことでした。

ところが、です。

コーチになって、人の話を真剣に聴きはじめてみて、気づいたのです。
意外と人って同じようなモヤモヤを抱えていることに。
で、そのモヤモヤが今起きている対人関係のお悩みに微妙に、
繋がっていたりすることにも。

例えば、先日もこんな話を聞きました。

あいつ、全然言うこと聞かないんだよね〜。
俺のこと馬鹿にしてるのか?アホなのか?
腹たつったら、ないわけよ。
で、最近は呆れちゃってさ、
あ、そのまま行くと失敗するって、わかるんだけどさ、無視してる。

でも、この人、心がモヤモヤしてる。

だから、私に向かって話してるのです。

全ての悩みは、対人関係にある。とアドラー心理学でもいうように
最初は、人に関するお悩みを話し出す人が圧倒的。
それも「あいつが悪い」「もう無理」という調子です。

そんなモヤモヤ話聞いていて、
私だけじゃないんだなあ。と、毎度、思います。

けれどね。

コーチ流会話はね、この先の展開が違ってくるのです。

まずは、相手の心のモヤモヤを十分に聴く。
すると、気持ちが解れて行きます。
そうなると、異次元にワープ!
本当の自分の思いや願いに行き着いていくのです。

結構、ここポイントです。

何で、あいつはこうなんだ!
自分が正しいのに!
こんな気持ちで何かを考えようとしても心モヤモヤ。
そういう段階で、なんとかしようとしても上手く行かないものです。
ですが、その奥にある本当の願い、思いに気づき、そこからどうしたいかを
考えていくと、違う解決方法が浮かびます。
そして、そのアイデアを実行に移すと、上手くいくことが多いのです。

で、お次も結構定番。

上手くいったからか、気持ちが解れたからか
定かではありませんが、次は、こんなことを言うのです。

「俺は(私は)、人の役に立ちたいんだ」
と。それも、なんか腹の底から絞り出すような感じで。

私、100人以上のクライアントから同じセリフを聴きました。

その心の声に気づくには、いくつかのプロセスが必要ではありますが、
確信したクライアントは、そのあとの行動にも大きな変化を起こしました。
もちろん、「シアワセな変化」です。

コーチングは目標に向かう支援対話術です。
クライアントは自ら望むゴールを手に入れるためにコーチを雇いますが
このパターンは全て成功。
コーチングセッションもシアワセな結果となりました。

それから、おまけではありませんが、
相手を気にして行動しないモヤモヤが減り、
自分がどうしたいかを選択して行動に移す。
人に対して躊躇しなくなったという声をたくさん聞かせていただきました。

真のサポートに目覚めると人生が変わる。

コーチとして人の話を聴き続けてきて、そう実感します。

最初は、自分のサポートです。
目標達成と言えど、多分に含まれる心のモヤモヤ・お悩み解決などをして
自分がしあわせになること。
それができて、次は人のサポートです。
もちろん「滅私奉公」はいけません。

すると、人が寄ってきやすくなります。
そんなサポートサイクルが動き出すと、人生が変わりだします。

そうした上質なサポートコミュニケーションに触れてみませんか?
6月は、コーチングの説明会を開催します。

詳細はこちらです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

開催日時
  A・6月11日(火)19:00〜20:00
  B・6月16日(日)10:00〜11:00
  C・6月22日(土)10:00〜11:00

開催場所:前橋市内
  *お申込いただいた後、開催場所の詳細をお知らせいたします。

参加費:無料

お申込:①〜⑦をお知らせください。
  ①お名前  ②ご住所  ③携帯番号(当日連絡のつくもの) 
  ④E-Mail ⑤ご職業  ⑥ご希望日程(A〜C) ⑦知りたいこと

お申込先:メールかお電話にてお願い致します。
  E-Mail ypc@yui-llc.net
  お電話 090(9365)6031 鈴木

お気軽にお申込みください。

-最新情報はこちら, 鈴木結子ブログ記事

Copyright© 合同会社結惟公式Webサイト , 2019 AllRights Reserved.