最新情報はこちら 鈴木結子ブログ記事

YUI流コーチング解体新書「ことばのチカラ」

投稿日:2018年6月26日 更新日:

こんにちは!

コーチングをユニバーサルに広めたい!
隊長のYUIコーチです。

私は今、子供のコミュニケーション力を育てることばキャンプという親子向けの
教育プログラムを勉強しています。
どうしたら、コミュニケーション力を身につけ、高められるのか学ぶにつけ
本当によくできているなあと、唸りながら学んでいます。
ただコーチング一筋の私としては、学びがぜ~んぶコーチングに繋がっていくので、
唸り方が独特かもしれませんが(笑)

コーチの仕事は、クライアントが自発的に考え、自ら気づき、答えを引き出すよう
サポートすることです。
私は自分でもコーチしますが、多くの人にコーチングのアプローチ法を広めたいと
思って、12年、様々な方たちに教えています。

で、実感していることは「わかるとできるは違う」ということです。
相手が自ら気づいていく関わり方は、どうしたらできるようになるのかな?と、
いつも考えていますが、今回は、ことばキャンプを学びながら,コーチングの
アプローチで腑に落ちたことをお伝えします。

「わからな~い」は思考を広げる大チャンス

ことばキャンプで伸ばすチカラの一つに「語彙(ごい)力」があります。

例えば、食レポ。
「美味しいです」
よりも
「濃厚なのにさっぱり。いくらでもいけちゃう!美味しいです」

一言、美味しいというよりも、自分なりに表現をすることによって、伝わリ方が
変わってきます。

言葉って大事です。
言葉があるから、考えることができ、話すことができます。
ですが、語彙力の差で自ずと思考の深みや幅も変わってきます。

個人セッションは、基本クライアントの話を聞いていますが、時々、クライアント自身
「どうにもならない!」という場面になることがあります。

人って、いつも頭にあることはスラスラ答えられます。
ですが、想定外のことを質問されたり、不測の事態の時などは、言葉が出てこなくなる時
があります。わからなくなるんです。

こういう時、つい、何か答えを与えたくなりますが、コーチは、相手に問いかけていきます。

話したいのに言葉が出てこない。
あるいはモヤモヤする。
わかんな~い!

こうした状態は、思考の幅を広げたり、深く自分を知る大チャンスなのです。

 

自分で見つけていく

「ことばキャンプ」代表高取しづかさんによれば、
ことばのチカラの土台はことばの数(語彙力)。ことばをたくさん知っていると
豊かな表現ができて人間関係に良い影響を与えるばかりか、思考力も伸び、学力
の差にも繋がるのだそうです。
ただ、語彙力を自分のものとする重要なポイントとして、実際にそのものを見たり、
触れたりして子供に体験させてあげること。

ことばと体験はワンセットであり、
順番は「ことば」より「体験」が先と言っています。

 

コーチングのセッションも同じようなアプローチをします。
ただ目的は、語彙力を伸ばすことではなく、どうしていいかわからない今の
モヤモヤした正体を知り、よりよい行動の選択をするためですが。

で、語彙力を伸ばすのと同じように、クライアントに体験を誘発していきます。
会話を通して「体験」してもらうために「感覚」に問いかけていくんです。
どんな感じ?
体のどこで感じる?
そんな質問を通して「感覚」を道先案内人にして、今、感じているモヤモヤを
「体験」してもらいます。
「感じる力」はこういう場面では、ひどくパワフルです。
「自分はこんなこと感じてるんだ」と、言葉で話しながら、掴んでいくことが
体験となって、少しずつ「真実」に近づいていくんです。

そうして、最後に「言葉」で表現できていくと、はっきりと自分がモヤついてる
ことがわかってきます。

「正体見たり、枯れ尾花」
という言葉がありますが、感覚を伴って言葉で表現できると、顕在化します。
そして、どう対応していっていいかが自分でわかってくるんです。

ことばキャンプでは、子供の語彙力を伸ばすには、体験と言葉がセットになるよう
プログラムが組まれています。
コーチングでは、自分自身を理解するために体験と言葉がセットになるよう
アプローチして「気づき」につなげていきます。

どちらにも言えていることは、実感を伴って理解していくことだなあと思いました。

ただね、コーチって語彙力が必要です。
なので、ことばキャンプのやり方で言葉数を伸ばしていくのは、お勧めです(笑)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

言葉は言霊。
言葉は、昔、神のものだった。

言葉を通して私たちは理解し、考え、選択していきます。

未来への戦略的アプローチであるコーチングも言葉を通して
アプローチしていきます。

語彙力を伸ばすのは、子供も大人も大切なことと思います。

-最新情報はこちら, 鈴木結子ブログ記事

Copyright© 合同会社結惟公式Webサイト , 2019 AllRights Reserved.