最新情報はこちら 鈴木結子ブログ記事

最も強い人

投稿日:

こんにちは!
ユニバーサルコーチのYUIです。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

あなたの「こうなろう」「こうなりたい!」
という未来を実現するために
コーチを雇うという方法があります。

コーチは、あなたのモチベーションを切らさず、
腐らせず、一緒に行きたいゴール目指して最強の応援をします。
でもね、
ライザップは結果にコミットするけど、
コーチは途中経過にコミットします。
ゴール達成への道程を通して
いかに、その方が人間的成長を図れるか?
そこ、大事にします。

私は、そんなコーチという仕事を12年続けてきました。
まあ、ひとりで達成できるのにコーチ雇っても仕方ない訳で、
従って、無謀な夢とか、全く形になっていないものを形にする
など、難易度の高いテーマで雇われることが圧倒的に多いです。
(昔も今もね)

ご本人さまは、その都度挑戦するから、うまくいかないことだって、
起こるわけです。

うまくいかないことが続くと、
やっぱり無理。
時期が悪かった。
人に恵まれてなかった。
運がないんだ。
等等、呟きながら、
諦めるための自己説得モードになります。

そんな時、コーチがいるとね、

「や~めた」から「よっしゃ~」に変わるから面白いものです。

カンタンに言えば、ひとりの頭だと、一つの「考え」に頭が乗っ取られるけど
コーチという頭があると、多角的なアプローチが
可能になっていくのです。

例えば、いろんな角度から質問してみる。
え~っというような提案してみる。
必要なフィードバックを届ける
などなど、書き出したらキリがないのですが、
とにかく相手のココロの凹みを「よっしゃー」に変えるために
ご本人の頭の切り替えを促していくのです。

ただ、うまくいかないんだから苦しい最中でもあります。
ですが、そのやり取りを通して、人として強くなっていく、
成長していく、という場面に結構でくわしました。
そして、その人の「強さ」がにじみ出てくると、
達成したい未来もぐっと近くに引き寄せられます。

不思議なものです。

今日は、最近、お会いした「強い人」についてお伝えします。

乗り越えた人

最近、「強い人」だなあと感動した方、2人。

1人はね、その方がとってもとっても辛い思いをしているときに出会って、
お付き合いが始まりました。

辛い自分、苦しい自分、カッコ悪い自分、
いろんな自分と向き合っている様子を拝見し、
強い人だな、かっこいいなあと、ひそかに思っていました。

でも、なんだかキレが悪いというか・・
もっと、その方本来のパワーが出ればいいのになあ、
とも、思ってました。

そして最近、お会いしたときのことです。

かっこいい!
オーラが違う。

何かを突破した、
そういう佇まいでした。

本当に美しくなったなあって、
惚れ惚れしちゃいました。

外見を着飾ることも大事ってわかりますが、
でも、内側からにじみ出るものにはかないません。
その滲み出るものは、自己信頼感だと思います。

自分を信じる力。

誰かに励まされ、大丈夫って言われてもね
自分をより信じられるようになることは、
自分の仕事なのです。

それが回復したのだなあと
その方を見て、思いました。

 

2人目は「信じる人」

この方は、ご本人曰く
「私は自信がないの」

確かに会話の最中、しょっちゅう
「わたしなんか・・・」というセリフを仰っています。

ですが、
一方で、人のために役に立つ、人を信じると決めています。

話していると、心から私を信じてくれ、微塵も疑いません。
困った人がいるといえば、その人のために尽くそうと行動を起こす。
信じてもらえなくても、めげない。

この方と話していると、不思議なパワーをいつも頂きます。
それはね、人を信じ、誠意を持って尽くしたくなって、私も行動を起こすのです。

純粋に信じきる力。
そんなことにパワーがあるのかと思われるかもしれませんが、
純粋に思うことって、何者にも覆せないすごい力があるのです。

人に愛と優しさを自然に振りまくその方は、
自信に満ち溢れ、キラキラ輝いているのですけどね、
自分は自信ないっていうの(笑)

 

私たちが何かをなし得ようと決めた時、最も大事なのは
自分も人も環境も「信じる」力なのではないかと思います。

そして「信じる力」とは、自分で筋トレならぬ心トレして
鍛えていくものではないかと思います。

そうして腹のそこから、己を信じ切れるようになること、
それもまた引き寄せの法則なのではないかと思います。

 

今日もお読み頂き、ありがとうございました

 

 

-最新情報はこちら, 鈴木結子ブログ記事

Copyright© 合同会社結惟公式Webサイト , 2019 AllRights Reserved.